便秘になる一番大きな原因は食生活や生活習慣の乱れ

便秘になる一番大きな原因は食生活や生活習慣の乱れ

便秘になる原因はいろいろあるのですが、一番大きな原因は食生活や生活習慣の乱れです。

 

便秘をなおすためには

 

では便秘を治すにはどうすればいいのでしょうか。一度便秘になってしまうと原因である食生活や生活習慣の乱れを治しても簡単には治ってくれません。(だからといって治さずにそのままにしておくと余計に悪くなってしまうのでまずはそれを治すことが前提となりますが。)からだを根本から治す必要性があります。

 

からだを根本から治すために必要なこと

 

からだを根本から治すためにはやはり食生活を考える必要があります。

 

そこでおすすめなのが断食です。しかし本格的な断食は専門の医療機関などでしっかり管理されている状態でおこなわないととても危険なので注意する必要があります。そこで手軽にでき、からだをきれいにできる手段として半日断食というものがあります。これは一日の朝昼晩の食事のうち一食どれかを抜き他の二食も暴飲暴食をさけるというものです。

 

半日断食の専門家がすすめているのは朝食抜きの半日断食です。朝食をぬくことによって腸を休めることが目的なのですができれば晩の食事から次に食べる昼の食事まで18時間あけるのが良いとされています。これは人間のからだが食事をしてから消化をして排泄を完全に終えるまでにかかる時間が約18時間と言われているからです。しかし朝の食事をぬけばそれだけで良いというわけではありません。守らなければならないルールがあります。

 

半日断食をおこなう上でのルール

 

先ほども書いたように夜の食事から次の昼の食事まで18時間あけること。目的が腸を休めることなので休めているあいだの間食夜食をとらないこと。水分をしっかりとること。これが一番大事かもしれません。人間は一日に2リットルほど水分をとるのが良いとされていますがそれは食事からとる水分も含まれているので断食によって食事量が減ってしまっている分純粋に水分を取る必要性があります。簡単そうで意外と難しいことなのでよく注意しておいてください。

 

まとめ

 

半日断食をすることによって驚くほど便秘でからだのなかにたまっていた便がからだから出ていきます。

 

便秘が解消されることによって腸内環境が改善され肌が綺麗になったり病気が良くなったりと様々なからだにとって良いことがおきます。半日断食に慣れれば一日断食など少しずつ段階をあげていくともっと効果があらわれていきます。が、最初にも書きましたが自分一人でおこなう場合はしっかり調べてからおこなってください。