3種類のビタミンC誘導体はどうしてニキビによいのか?わかりやすく解説!

3種類のビタミンC誘導体はどうしてニキビによいのか?わかりやすく解説!

ニキビによい成分にビタミンC誘導体があります。

 

ビタミンCが美容によいことはよく知られていますが、ビタミンC誘導体がどうしてニキビによいのでしょうか。わかりやすく解説します。

 

ビタミンC誘導体とは

 

ビタミンCとビタミンC誘導体は違うものです。

 

ビタミンCは肌への浸透が悪く、化粧品に配合して肌に塗っても肌のバリア機能を通過することができません。また、安定性に欠けるため化粧品に配合することが難しいです。
ビタミンC誘導体はビタミンCを肌に浸透させやすくした成分です。ビタミンCよりも浸透力が高く、肌に浸透して働きかけます。安定しているので化粧品にも配合しやすいです。

 

ビタミンC誘導体の働き

 

ビタミンCがシミによいことはよく知られていますよね。ビタミンC誘導体にはメラニンの生成を抑制してシミやそばかすを予防、できてしまったメラニンを還元してシミに働きかけます。コラーゲンの生成を助ける働きもあるので、ハリの回復も期待できます。

 

ニキビによいといわれるのは、抗炎症作用と皮脂分泌を抑制することです。炎症が起こったニキビは、炎症の刺激で色素沈着ができる可能性があります。抗炎症作用により炎症を鎮めてニキビ跡を予防します。ニキビは毛穴に皮脂がたまることでできます。皮脂分泌を抑制してニキビを予防し、治りを助けます。

 

ビタミンC誘導体の種類

 

ビタミンC誘導体には3種類あります。

 

1つめは水溶性ビタミンC誘導体です。水に溶ける性質があり、化粧水に配合されます。皮脂分泌を過度に抑えてしまい、乾燥を招くデメリットがあります。

 

2つめは親油性ビタミンC誘導体です。油分に溶ける性質があり、乳液やクリームに配合されます。即効性はありませんが、肌の奥まで浸透します。刺激が少ないので乾燥肌や敏感肌に適しています。

 

3つめは水溶性と親油性の2つの性質を持つものです。水にも油にも溶けやすいので、さまざまな化粧品に配合できます。浸透力は水溶性の100倍あります。刺激が少なく、即効性があります。

 

どろあわわの口コミは嘘ばかり?本当の効果について